パワハラにならない部下指導(3)

パワハラにならない部下指導3

 

 部下をほめる事は大切ですが、ときには叱ることも大切です。





 昔、経営の神様と呼ばれた松下幸之助さんの部下指導は非常に厳しかったそうです。


 部下が経営理念に従って行動しなかった時や熱意がない時などは、本気で叱ります。


 叱責がパワハラに該当するかは、目的と手段が業務上で相当な範囲を超えているか、


 という点で判断します。


 松下さんの場合、目的は部下の育成ですからイジメ・嫌がらせではないと考えられます。


 しかし、指導の手段としては厳し過ぎる事もあったかもしれません。


 それでも部下がついてきたのは、


 日ごろから部下をほめたり期待の言葉をかけていたからだそうです。


 ほめる、期待する、信頼する、といった一連の指導育成を行った上で、


 どうしても必要な場合に限って叱るのであればパワハラに該当しにくいと思います。


4回の閲覧

法人向け:ハラスメント対策支援、「企業研修」、「社外相談窓口」承ります。

 社会保険労務士、キャリアコンサルタント等の専門家が対応いたします。

 メール(info@harassment.center)にてお気軽にお問合せください。運営:人事評価総研株式会社

  • Facebook
header_logo_mhlw.png
ryoritsu_201x62.jpg

©2020 by 一般社団法人ハラスメント対策協会®