精神障害の労災認定基準に関する専門検討会報告書(パワハラ)について

精神障害の労災認定基準に関する専門検討会報告書について


パワハラによる労災認定については、令和元年5月の労働施策総合推進法の改正を契機に検討されてきました。


今年6月からパワハラ防止対策が企業(大企業)の義務となることもあり、労使認定の基準となる別表1「業務による心理的負荷評価表」の見直し検討について、厚生労働省から公表されています。



主なポイントとして、


・出来事の類型に、パワーハラスメントを追加


具体的出来事として、「上司等から、身体的攻撃、精神的攻撃等のパワーハラスメントを受けた」を追加


・具体的出来事の名称を「同僚等から、暴行又は(ひどい)いじめ・嫌がらせを受けた」に修正


このような見直しによって、パワハラ案件に対する労災認定の請求や審査がスムーズになることが期待されます。


また、このようなことが社内で起こらないよう、日ごろから防止措置にしっかりと取り組みましょう。

3回の閲覧

法人向け:ハラスメント対策支援、「企業研修」、「社外相談窓口」承ります。

 社会保険労務士、キャリアコンサルタント等の専門家が対応いたします。

 メール(info@harassment.center)にてお気軽にお問合せください。運営:人事評価総研株式会社

  • Facebook
header_logo_mhlw.png
ryoritsu_201x62.jpg

©2020 by 一般社団法人ハラスメント対策協会®