相談窓口の対応方法

◆相談窓口の対応方法


相談担当者が、相談者からの話を聞く場合、


どのような出来事があったのかという事実関係をできるだけ正確に確認することが必要です。





また、ハラスメントに該当するのかという判断には被害者がどう感じたかという要素も影響しますので、


被害者の感情面についても話を聞いておくことが必要です。


例えば、同じような出来事(ハラスメント)であっても、受ける側の感情は人により異なります。


深刻に悩んでいるのか、少し気になっている程度なのか等、


相談者の受け止め方について聞いてみる必要があります。


話を聞く場合は、相談者の話を丁寧に素直に聞き、


話の切りの良いタイミングでうなずいたり相槌を打ったりすると話やすい雰囲気になり効果的です。


相談者の話が一段落したら、話の内容を要約して確認する等も良いです。


相談員が、推測や自身の過去の経験から感じたこと等を発言することはできるだけ控え、


相談者の話たいことをしっかり聞くようにしましょう。


法人向け:ハラスメント対策支援、「企業研修」、「社外相談窓口」承ります。

 社会保険労務士、キャリアコンサルタント等の専門家が対応いたします。

 メール(info@harassment.center)にてお気軽にお問合せください。運営:人事評価総研株式会社

  • Facebook
header_logo_mhlw.png
ryoritsu_201x62.jpg

©2020 by 一般社団法人ハラスメント対策協会®