企業トップや労使のメッセージ(社内報の活用)

◆企業トップや労使のメッセージ


企業としてハラスメント防止に関する方針やメッセージを発信する場は様々な方法があります。


メッセージの発信に社内報を使う場合、紙の印刷物を制作して配布する方法や、


社員向けネットワーク上で情報提供する方法などがあります。





ハラスメント防止に関するメッセージを発信する場合、


正社員だけでなく契約社員やパートタイマーなどの非正規社員も対象に含めることが大切です。


社員向けネットワークの場合は、パソコンを業務に使用する人には便利ですが、


仕事の内容によってパソコンを使わない従業員もいることを考慮する必要があります。


スマートフォンを利用して情報発信する方法もありますが、


業務でスマートフォンを使う従業員とそうでない従業員がいる場合の


配慮が必要になります。


社内報では、ハラスメントの防止などに関する企業の考え、


ハラスメントに該当する行為の例、想定されるハラスメント発生原因、


ハラスメント事案が発生した場合の対応方針や手続き、


ハラスメントを受けた場合や周囲で見聞きした時の相談窓口等を従業員へ知らせましょう。


幅広く会社の方針を伝えることにより、ハラスメントの防止に効果があります。

法人向け:ハラスメント対策支援、「企業研修」、「社外相談窓口」承ります。

 社会保険労務士、キャリアコンサルタント等の専門家が対応いたします。

 メール(info@harassment.center)にてお気軽にお問合せください。運営:人事評価総研株式会社

  • Facebook
header_logo_mhlw.png
ryoritsu_201x62.jpg

©2020 by 一般社団法人ハラスメント対策協会®