パワハラ被害の労災認定

パワハラ被害の労災認定について

厚生労働省から、令和2年4月20日に開催された「第4回 精神障害の労災認定の基準に関する専門検討会」の資料が公表されました。





今回の議題は、


1.雇用保険法等の一部を改正する法律の概要(労災保険法、労働保険徴収法関係)、


2.業務による心理的負荷評価表の見直しについてなどでした。


このうち1.については、同改正による労災保険法の改正で、兼業や副業などの場合に関する(複数業務要因)災害に関する保険給付の仕組みが導入されたことについて、

認定方法などの検討が行われました。

2.については、精神障害の労災認定の基準における具体的な出来事に、新たに「パワーハラスメント」の出来事を追加することとしています。


令和2年6月からパワーハラスメント防止対策が法制化されることを踏まえて、


判定の基準となる「心理的負荷評価表」の見直しについて検討されてきました。


詳しくは、こちらをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10930.html

14回の閲覧

お問い合わせ・ご相談はお気軽にお電話ください。

 050-5237-1472

受付時間:10時~17時(土・日・祝日休み)

ハラスメント対策協会事務局(人事評価総研株式会社)

header_logo_mhlw.png
ryoritsu_201x62.jpg
  • Facebook

©2020 by 一般社団法人ハラスメント対策協会®