パワハラ相談と事実確認

◆パワハラ相談と事実確認


 パワハラ相談窓口において相談者が会社の対応を求めた場合など、


 事実確認のため関係者の話を聞く事があります。





 このような場合、まず誰に話を聞くかを事前に決めて、相談者の了承を


 得た上でヒアリングを実施します。


 基本的に、会社は企業内の秩序を維持する責任と権限があります。


 このため、会社は関係者の話を聞く権限があり、


 労働者は指示に従う義務があります。


 ヒアリング時の内容はできるだけ録音することが望ましいのですが、


 録音があると話にくいなどの場合は筆記でも良いです。 


 5W1Hと共に、その事案に関する感情的な面も把握してその後の対応に活かします。


 事実が確認された場合は、就業規則等の定めに従い迅速に対処します。