パワハラにならない部下指導(4)

パワハラにならない部下指導


 上司が部下を指導するときには人権感覚ということが大切です。





 部下の人格や人間性を無視した指導をするようでは、


 パワハラといわれても仕方ありません。


 職場での上限関係や優位性にかかわらず、


 人間としての価値や重要性は互いに尊重する必要があります。 


 パワハラに限らずハラスメント全般に共通することですが、


 相手の人権を尊重する姿勢を前提として

  

 仕事上で必要なコミュニケーションをとることが


 ハラスメントのない職場づくりの基本です。