ハラスメント行為者の背景や根本原因

特定の人が、


本人の性質や考え方によってハラスメント行為を行うケース


があります。



例えば、些細な事で激高する性格の上司が部下に対してパワハラをする


とか、


異性に対して興味や関心の強い人がセクハラに


相当する言動をする場合等があります。


ハラスメントの原因が個人的な要素である場合、


問題解決のために、その人に対する改善指導を行います。


このようなケースで注意が必要なのは、


指摘や指導をしても本人が自覚できない場合や、


一旦は反省した後も同様のことを繰り返す場合です。


個人の性格は簡単には変わりませんし、


他人に迷惑をかけている事が自覚できない人もいます。


指導しても改善しない人の場合は、例えば部下や同僚と係わらなくても


仕事に影響がない専門業務を任せる等、


人事異動等も検討が必要になります。


なぜ、この人はハラスメント行為を行ってしまうのか、


という背景や根本的な原因を考察し、


背景や原因に合った対策を講じましょう。

閲覧数:8回