ハラスメント相談を受ける場合の注意点

◆ハラスメント相談を受ける場合の注意点


 ハラスメント相談窓口の業務は、あらかじめ企業の実情に応じてマニュアル化しておきます。



 相談を受けたときの手順、相談の受け方、相談後の業務フロー等も必要です。


 面談時の記録用紙等も、使いやすいようにフォーマットを決めて用意します。


相談員にはロールプレイ等による研修を行い、スムーズに対応できるように備えます。


 そして、相談を受ける場合は以下のような点に注意しましょう。


(1)話に集中する


 相談者の話を聴きながら、相談者及び行為者に関する他の情報や、


 その後の進め方等の別なことを考えてしまうと、


 重要なポイントを聞き逃してしまうことがあります。


 面談中は話に集中し、他のことを考えないように十分注意します。


(2)自分の経験に照らし合わせない


 相談者の話について、相談員自身が過去に体験したことに


 類似している等と考えてしまうことがあります。


 自身の同じような体験を伝えること により相談者の共感を得られる


 可能性がある一方、置かれた環境や感じ方は人それぞれに異なるため


 「あなたとは状況が違う」とか


 「これまで話したことが理解されていない」等の


 相談者の不満や不信を招くリスクがあります。


 このようなリスクを防ぐため、相談員は自分の経験と重ねて評価することは避け、


 相談者の話に集中する必要があります。


 (3)相談員の意見は控える


 相談員は話を聴く役割に徹し、


 事案に対する自分の判断や意見は述べないようにします。


 不用意に意見を述べてしまうと、会社の公式見解と受け取られるリスクや、


 発言内容によっては相談員から 2 次ハラスメント被害を受けた


 等の主張に繋がる可能性があります。


 相談者には事案の対応に関する進め方(調査→判断→処分その他の措置等)


 について説明し、会社としての見解は後日改めて伝えるようにしましょう。