ハラスメントのリスク

◆ハラスメントのリスク


 ハラスメントに対する理解が不十分な場合など、


 本人が意識せずにハラスメント行為者になってしまう可能性があります。 





 もし、ハラスメント行為者になってしまった場合には以下のように様々なリスクがあります。


 ・企業の懲罰規程などに該当することがある


   訓告、戒告、減給、降格、出勤停止、諭旨退職、懲戒解雇など


 ・民事上の不法行為として損害賠償を請求される可能性


   民法709条の不法行為責任


 ・刑事罰に該当する可能性


   暴行、傷害、名誉棄損、侮辱、脅迫


 さらに、風評被害や周囲の人からの信用の喪失など、法令以外にも多くのリスクがあります。


 このようなリスクは、


 あらかじめハラスメントに関する理解と予防法を学ぶことにより防ぐことができます。


 ハラスメントを身近な問題と捉え、自覚のないままにハラスメント行為者にならないように、


 基本的な内容や注意点を事前に学んでおきましょう。


お問い合わせ・ご相談はお気軽にお電話ください。

 050-5237-1472

受付時間:10時~17時(土・日・祝日休み)

ハラスメント対策協会事務局(人事評価総研株式会社)

header_logo_mhlw.png
ryoritsu_201x62.jpg
  • Facebook

©2020 by 一般社団法人ハラスメント対策協会®