ストレスチェック制度とハラスメント対策

ストレスチェック制度とハラスメント対策


 職場のストレスは、仕事の負担や人間関係などの様々な要因で生じます。





 職場のハラスメントによってストレスを感じるケースもあるため、


 ハラスメントとストレスの状態は密接な関係があります。


 労働安全衛生法では、労働者のメンタル不調を防止する目的で、


 労働者が常時50名以上の事業場では毎年1回ストレスチェックを従業員に実施することが


 義務付けられています。


 従業員50人未満の事業場は当分の間努力義務です。


 ストレスチェック制度は、定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、


 労働者にも自らのストレスの状況について気付きを促し、


 メンタルヘルス不調のリスクを低減させるとともに、


 検査結果を集団的に分析し職場環境の改善につなげて、


 労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止することを目的としたものです。


 職場のストレス状態を把握して、働く環境の改善に取り組むことにより、


 ハラスメント防止という面でもプラスの効果が期待されます。


 厚生労働省のホームページでは、ストレスチェックに関する実施プログラムを公開してい

 

 ます。利用してみてはいかがでしょう。

ストレスチェック等の職場におけるメンタルヘルス対策・過重労働対策等|厚生労働省

(mhlw.go.jp)